年末年始

自宅でじっくりドラマを観よう!年末年始の楽しい過ごし方。

年末年始の過ごし方は人それぞれですが、意外と忙しく過ごされる方が多いのではないでしょうか。
自宅の大掃除や溜まった片付け、遠隔地にある実家への帰省や久しぶりに合う友人との初詣。
また、様々な場所で年越しに関するイベントもあるため、まとまった休みを有効に使おうと思うとなかなかゆっくり休めないのではないでしょうか。

 

そこでオススメなのは自宅で誰にも邪魔されずに年末年始を過ごすことです。
映画好きな人であるならTSUTAYA等のレンタルビデオ店でまとめて映画を借りて見るのも楽しいと思います。
ただし、年末年始はそのような過ごし方を過ごされる方も多いので、お店が混雑している事が予想されます。

 

そこで、HuluやNetflixのような定額動画配信サービスを利用してみてはどうでしょうか。
これならレジで待つストレスもなく、他の人に借りられて連続海外ドラマの途中が見れないこともなく、非常に快適に過ごすことが出来ると思います。
「そのような過ごし方はいつでも出来る」と思われがちですが、アニメも映画もドラマも、なかなか普通の生活の中ではまとめて見る時間が取れないものです。
じっくり様々な触れてみる時間として、年末年始を使われてみても楽しいのではないでしょうか。

 

ライブハウスやクラブなども、元気いっぱい遊んでみるのも良し。
家族や旧友と過ごすのも良し。

 

あなたにとって、楽しい年末年始になることを願っています。

 

 

お正月にバイトするとお年玉がもらえますよ!

我が家の年末年始

毎年のことなのですが、年末はギリギリまで仕事があるので、大掃除やら正月の準備やらと合わせて慌ただしくしています。
31日に仕事が終わるとようやく今年も終わりだと一息吐けるのですが、家に帰ってからは大晦日恒例の大騒ぎが待っているので、ゆっくり過ごすのは年が明けてからです。
大晦日には軽く晩御飯を食べながら、紅白を見たりバラエティ番組を見たりして過ごします。我が家ではなぜか年末に花札をするのも恒例です。
それから22時が過ぎたあたりで、ようやく年越しそばを作って一年間のことを振り返りながら食べています。
日付が変わる頃にはカウントダウンをしているチャンネルに変えて、クラッカー片手に一緒にカウントダウンです。
そのまま朝までテレビを見たりゲームをしながら朝まで過ごしたあとは、天気が良ければ皆で初日の出を見ます。
その頃には夜までのテンションは落ち着いていて、いったん皆も静かになっています。一晩中騒ぐのも年に一回くらいのことですが、やっぱり疲れてしまうんですよね。
元旦はおせち料理とお餅でお腹を満たしてから、そのまま初詣に出掛けます。冬は雪が酷いこともあるので、毎年それだけが心配です。
初詣から帰ってくるとこたつでのんびり過ごして、2日からの初売りに備えています。一回の買い物であんなに思う存分買い物することも、一年に一度くらいかもしれません。
皆がハメを外していつもより盛り上がるのが、我が家の年末年始の光景です。